鼻の下 毛抜き

鼻の下の毛の処理に毛抜きを使うのは危険?

鼻の下の毛に毛抜きを使い続けると濃くなる、肌がボロボロになりますよ〜

 

毛抜きで鼻の下のムダ毛、うぶ毛を処理する人は多いと思います。
化粧の途中で鼻の下の毛がちょっと気になるからといって毛抜きでプチプチっとついつい抜いてしまいがち。

 

ただ、毛抜きでの毛の処理は肌の表面だけでなく、毛根付近にもダメージを与えてしまうので肌にとってもよろしくありません。゚(゚´Д`゚)゚

 

毛抜きで抜こうとすると、肌は抜かれまいとしてキュッと引き締まります。
そのため、途中で毛が切れてしまい、あとから生えてくる毛と一緒に生えてきてしまうので一つの毛穴から2,3本と生えてきてしまうのです。そうすると・・・毛が増えて前よりなんか濃くなった気が・・・ということになります。

 

さらに表皮で緊張して抜けると同時に角質で毛穴を覆ってしまい、ふたをしたような状態に。
同じ毛穴から毛が生えてくると外に出られない毛が毛穴で埋もれ、埋没毛となります。
埋没毛はほうっておけばいずれ分解されますが、鼻の下の場合は目立ちます!!

 

さらには毛抜きで抜いた後のケアをしないと、毛がない状態の毛穴は雑菌が入りやすいので化膿します。
そうなるとニキビのような状態になったり、赤くボツボツとなって毛穴が目立つようになります。

 

さらにさらに何度も毛抜きを使っているとメラニンが集まって毛穴が黒ずんでしまったなんてことにも。

 

毛抜きを使うと肌に悪影響を与え、肌がボロボロになるのですが、鼻の下など口周りの場合は
特にデリケートな部分なので荒れやすく、目立ってしまうんですね。

 

毛抜きを使って肌のトラブルが起きると元の状態に戻すまでにはかなりの期間が必要になります。
簡単だから、ついつい使ってしまった、という気持ちはわかるんですけど、本当に肌には良くないので
毛抜きを使うのは絶対におすすめできません。

 

鼻の下の毛を処理するにはもっと肌に優しくて、安全な方法で処理するのがおすすめです。

 

⇒肌にやさしい、安全な方法とは