鼻の下 黒ずみ

鼻の下の黒ずみ対策|炎症性色素沈着によるメラニン

鼻の下の黒ずみはカミソリや毛抜きの刺激によって大量に生成されたメラニン(黒ずみの原因となる色素)が角質内部に溜め込まれたままの状態です。
このようにカミソリや毛抜きによって黒ずみになることは炎症性の色素沈着と呼ばれています。
炎症性の色素沈着はそのまま放っておいても消えることは難しいと言われています。

 

炎症性の色素沈着をキレイにするためには、カミソリや毛抜きを使わないことはもちろんですが、
乾燥を防ぎ保湿を十分に与え、カミソリや毛抜きで刺激を受け乱れてしまった肌のターンオーバーを正常な状態に戻してあげることが大切です。

 

また今ある黒ずみをハイドロキノンなど漂白効果のある化粧品で改善させてあげることでもキレイになることがあります。
トライアルセットなどで試してみてもいいかもしれませんね。

 

⇒肌の専門家が開発した黒ずみ対策美白ケア

 

 

 

 

 

鼻の下の黒ずみが目立つのはなぜ?

カミソリや毛抜きで鼻の下の毛の処理を続けるとと鼻の下が黒ずんできます。
これはカミソリや毛抜きで毛の処理をしたときに肌に負担を与え炎症を起こしてしまうことにあります。

 

肌は炎症を起こすとメラニンが集まり皮膚を守ろうとします。
紫外線を浴びて肌が黒くなるのはメラニンが肌を守ろうと防御反応をしているのですが、同じようにカミソリや毛抜きの炎症から肌を守ろうとして黒ずんでしまうのです。

 

メラニンは健康な肌の場合、新陳代謝(肌のターンオーバー)によって毛穴から排出されるものですが、炎症が継続した起こっている場合や肌の状態が悪い場合は慢性化し、角質の内部に溜め込まれ、排出されなくなってしまいます。

 

そのため、鼻の下の毛の処理にカミソリや毛抜きを使い続けると、角質の内部に溜め込まれたメラニンが排出されず、黒ずんだままになってしまうのです。

 

鼻の下の黒ずみはとてもやっかいで、化粧をしてもうっすらとひげが生えたように結構目立ちますよね。ですので黒ずみを隠すよりも、黒ずみを消す対策をしなければいけません。

 

まずはカミソリや毛抜きでの処理はしないようにすることが大切。

このままカミソリや毛抜きでの処理を続ける限り、黒ずみは消えません。
鼻の下の毛の処理は刺激を与えず、肌に優しい方法で行う必要があるのです。

 

⇒肌に刺激を与えない優しい毛の処理方法は?